低用量ピルの服用で避妊以外の素敵な効果

低用量ピルを服用することで、排卵がとまり、子宮内膜が厚くならず、子宮頚管粘膜が変化します。
その結果、避妊効果を得ることができますが、それ以外にも女性にはうれしい効果があります。
低用量ピルは、月経を止めて体内のホルモンバランスを整えることができるため、生理不順や月経前症候群、ひどい月経痛などの症状緩和が期待できます。
また、子宮内膜症の改善や子宮にできるガンのリスクを減らす作用もあります。
他にも、ニキビ治療や美肌目的で服用する人もいます。
低用量ピルを月経のコントロールのために服用する人もいます。
服用を続けることにより月経周期を規則正しくすることができるため、旅行や外出の予定が立てやすくなります。
薬の飲み方を帰ることで、月経を簡単にずらすこともできるようになります。
ただし、飲み始めなどは間に合わないケースもあるため、事前に医師に相談する必要があります。
いますぐ妊娠希望していない女性であれば、低用量ピルを継続的に服用することで、月経の周期もホルモンバランスも安定化させることができます。
軽い卵巣機能不全の場合は、ピルで周期を作ることで、止めた後に自然に順調になるケースもあります。
重度の排卵障害の場合は、ピルを止めると元の不順に戻ることが予測されますが、妊娠を望んでいない場合には、ピルを中断せずにそのまま服用し続けることができます。
現代の女性は、昔の女性と異なり、出産経験年齢が遅くなり、出産経験が減っていることから、子宮内膜症を発症するリスクが増えていると考えられています。
低用量ピルの継続服用は、人工的に子宮内膜を薄くし、出血量を減らすことができるため、進行を抑制し、症状を改善させることは可能です。

ホルモン量の多いピルは血栓症や心筋梗塞のリスクあり

我が国においても、諸外国に遅ればせながらようやく低用量ピルが解禁となっており、女性に取っては非常に喜ばしい傾向だといえます。
それまで使われていたピルは、主に中用量で、ホルモン量も多いので、服用することによって様々な副作用に苦しめられていた女性も多く、どうしても身体がつらいので、服用することができなくなってしまったという方も多かったようです。
また長期にわたってホルモン剤を服用し続けると、どうしても身体へ与えるリスクも増え、様々な疾患を引き起こしてしまうという危険性も高めてしまいます。
今ではこのようなホルモン量の多いピルは、緊急避妊薬として使われたり、重篤な更年期症状や婦人科疾患の治療としては用いられていますが、避妊目的で使用する場合には、より安全な低用量ピルが推奨されています。
低用量ピルは、それまでピルにはつきものであった副作用がほとんどなくなっており、身体には負担が一切ないといっても過言ではありません。
逆に、毎月の生理周期が安定する、生理痛がなくなる、経血量が減る、月経前症候群が緩和される、肌荒れが治る、そして確実に避妊できるというメリットばかりで、加えて、ピルを服用するようになることで、女性の自身の身体への関心が高まり、定期的に婦人科検診を受けるようになるなど意識の向上に役立っており、深刻な病も早期に発見できるようになっています。
低用量ピルのように、ごく少ないホルモン剤を服用することでは、子宮がんや乳がん、血栓症などのリスクも少なく、過度に心配することはありません。
医薬品は日々研究開発が重ねられ、よりリスクを減らしながら、効能をアップさせられるような安全な薬が誕生しているのです。

低用量ピルと高血圧の関係について

低用量ピルは副作用も少ないとして、多くの女性が服用しています。
日本では約100万人もの女性が、ピルを服用しているとも言われており、以前に比べると格段に身近な薬となりました。
避妊効果を得られるだけでなく、生理不順や月経困難症、子宮内膜症といった女性特有の病気の治療にも、低用量ピルは効果を発揮します。
また、女性ホルモンバランスを整える作用もある為、ホルモンバランスが崩れた事が原因で起こる、ニキビ改善にも有効です。
低用量であれば体への作用は緩やかですので、従来言われてきた頭痛や吐き気、だるさといったピルの副作用を感じにくいでしょう。
ただ、稀にではありますが低用量ピルの服用によって、高血圧になるケースもあるようです。
200人に1人という少ない割合ですが、血圧が上がってしまう方がいるので、ピルを飲んでいる間は定期的に血圧を測定する事をお勧めします。
クリニックに行かなくても、家庭用の血圧計で簡単に計る事が可能です。
高血圧の状態が続くと、動脈硬化になりやすく心筋梗塞や、脳梗塞といった命を失う危険性もある、大きな病気を発症するリスクが高まります。
ですので、たかが高血圧と思わずに、しっかりチェックする事が大切です。
また、ピルの服用で血栓ができるケースも報告されています。
血栓も心筋梗塞・脳梗塞の引き金となります。
35歳以上、1日15本以上煙草を吸う人は、血栓ができやすいという理由から、ピルの服用は禁止されています。
この他にも血栓ができやすい人や、元々高血圧という場合、血管に負荷がかかりやすい事から、低用量であってもピルを飲む事はできないので、この点は考慮しておきましょう。
低用量ピルを服用する際は、正しい知識をつける事が自分の体を守る事に繋がります。
■病院に行く暇がない人は
低用量ピルなら通販サイトで